不登校新聞

400号 2014/12/15

かがり火 多田元

2014年12月12日 11:30 by kito-shin


 1998年5月『不登校新聞』創刊から16年、本紙は通算して400号に到達した。休刊の危機を乗り越えての記念号だから、今更ながらに感慨深い。

 とりわけ、今年はノーベル平和賞が、女性・子どもの教育への権利保障を世界に訴えたマララ・ユスフザイさん(17歳)と、奴隷的児童労働から子どもらを救出する活動を続けるサティヤルティさんに授与され、子どもの人権活動が世界的に注目される記念すべき年になった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...