不登校新聞

400号 2014/12/15

かがり火 多田元

2014年12月12日 11:30 by kito-shin
2014年12月12日 11:30 by kito-shin


 1998年5月『不登校新聞』創刊から16年、本紙は通算して400号に到達した。休刊の危機を乗り越えての記念号だから、今更ながらに感慨深い。

 とりわけ、今年はノーベル平和賞が、女性・子どもの教育への権利保障を世界に訴えたマララ・ユスフザイさん(17歳)と、奴隷的児童労働から子どもらを救出する活動を続けるサティヤルティさんに授与され、子どもの人権活動が世界的に注目される記念すべき年になった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

596号 2023/2/15

編集後記

596号 2023/2/15

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…