不登校新聞

420号 2015/10/15

今号のキーワードは「評価」 小熊広宣

2015年10月13日 17:13 by koguma


ひといき

 今号は「評価」が一つのキーワードになっているように思う。斎藤工さんは、「自分の心根と状態との差の違和感」について語っている。2面の書籍紹介で触れた「いい子」とは、まぎれもない外部評価であるし、5面の当事者手記では、「評価」によって苦しんできた胸の内を語ってくれている。
 
 「不登校」を考える際、「評価」は切っても切り離せない問題の一つだと思う。学校に行かないだけで、子どもの「評価」は内外ともにガタッと落ちる。親だって、まわりの「評価」が一切気にならないなんていう"鉄の心”を持つのは、至難の業だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

554号 2021/5/15

森の喫茶店 第554号

554号 2021/5/15

ひといき

553号 2021/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...