不登校新聞

420号 2015/10/15

今号のキーワードは「評価」 小熊広宣

2015年10月13日 17:13 by koguma


ひといき

 今号は「評価」が一つのキーワードになっているように思う。斎藤工さんは、「自分の心根と状態との差の違和感」について語っている。2面の書籍紹介で触れた「いい子」とは、まぎれもない外部評価であるし、5面の当事者手記では、「評価」によって苦しんできた胸の内を語ってくれている。
 
 「不登校」を考える際、「評価」は切っても切り離せない問題の一つだと思う。学校に行かないだけで、子どもの「評価」は内外ともにガタッと落ちる。親だって、まわりの「評価」が一切気にならないなんていう"鉄の心”を持つのは、至難の業だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...