不登校新聞

420号 2015/10/15

今号のキーワードは「評価」 小熊広宣

2015年10月13日 17:13 by koguma


ひといき

 今号は「評価」が一つのキーワードになっているように思う。斎藤工さんは、「自分の心根と状態との差の違和感」について語っている。2面の書籍紹介で触れた「いい子」とは、まぎれもない外部評価であるし、5面の当事者手記では、「評価」によって苦しんできた胸の内を語ってくれている。
 
 「不登校」を考える際、「評価」は切っても切り離せない問題の一つだと思う。学校に行かないだけで、子どもの「評価」は内外ともにガタッと落ちる。親だって、まわりの「評価」が一切気にならないなんていう"鉄の心”を持つのは、至難の業だ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...