11月8日毎日新聞に『底辺校で「貧困」再生産』との見出しで青砥恭氏の調査が紹介された。

 埼玉の県立高校を入試合格平均点の上位から順に5ランクに分類すると、中退率も授業料減免生徒の割合も、ランクが低い高校ほどあきらかに率が上昇し、現代の貧困層の子どもが底辺校に集中しているという。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。