川崎市で中学1年生男子生徒が殺害された事件で18歳少年らが逮捕され社会に大きな衝撃を与えている。あどけない表情の被害生徒の写真を見ると本当に心が痛むのは誰しも同じであろう。

 捜査を進める警察側から一方的、断片的にリークされた情報が報道で流されると、犯行の残虐さのみが印象づけられ、「加害少年を少年法で保護する必要はない」という理由から少年の実名、写真を報道する週刊誌もある。しかし、それはたんなる場当たりの煽動にすぎず、事件の真相も本質的な問題も伝えるものではない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。