不登校新聞

347号(2012.10.1)

私の神経症、その20年

2013年07月19日 15:28 by shiko


 こんにちは、PN朱々と申します。今回、私の神経症人生について書かせていただくことになりました。

 私は20年以上、神経症の深い森に迷い込んで抜け出すことができませんでした。現在、40代で親の介護をしながら、ささやかに自営業を営んでいます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...