こんにちは、PN朱々と申します。今回、私の神経症人生について書かせていただくことになりました。

 私は20年以上、神経症の深い森に迷い込んで抜け出すことができませんでした。現在、40代で親の介護をしながら、ささやかに自営業を営んでいます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。