不登校新聞

438号 2016/7/15

アニメ 『響け!ユーフォニアム』がリアルすぎてヤバい件

2016年07月12日 12:07 by motegiryoga

画像:公式ホームページより

 『響け! ユーフォニアム』というアニメをご存じですか? 2015年に放送された、高校の吹奏楽部を描いたアニメです。製作は「京都アニメーション」。『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』『けいおん!』などを製作した、人気のアニメーション製作会社です。
 
 私はこのアニメ、とても楽しく観ました。高校生たちのリアルな生活描写、吹奏楽部内の人間関係、そしてダイナミックな演奏シーン。どれもクオリティが高く、毎回楽しみにしていました。
 
 ところが、子ども若者編集部メンバーとこのアニメの話をしていたところ、「あれはムリ! 3話で見るのやめた」とか「メンタルがやられる! すぐにチャンネル変えた」などの酷評が多かったのです。
 

現実逃避させてくれない

 
 くわしく話を聞いてみました。Aさん(19歳)は高校1年で不登校になりました。つらいときに心をいやしてくれるものがアニメでした。とくに「京都アニメーション」のつくるアニメは大好きで、すべて観ているというAさん。ところが『響け! ユーフォニアム』は3話で観るのをやめたそうです。理由は『ユーフォニアム』を観ていると、つらかった自分の高校時代が思い出されてしまうから。「私にとってアニメは現実逃避するためのものなのに、このアニメは逃避させてくれない。現実に引き戻されちゃう」と、話しました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...