不登校新聞

438号 2016/7/15

新連載 酒場の支援論 相馬契太

2016年09月13日 15:01 by kito-shin



  「訪問と居場所 漂流教室」(札幌市)で不登校の子らの支援を初めて14年。相馬契太さんが現場で考えてきたことを紹介してもらう連載です。ただし、あまり肩肘を張らず、「一杯、飲みながら」と、ゆる~く議論できる場にしたいと思っています。

連載「酒場の支援論」


 冷奴をつまみに飲んでいる。酒の肴は冷奴が一番好きかもしれない。たいてい、どこでも頼んでいる。水をよく切って、薬味はたくさん乗っているのがいい。
 
 酔った頭で考える。『眠り姫』の話は本当かもしれない。たとえば、新しくフリースクールに来た子がいたとする。3カ月が経ち、半年が経って、しだいに調子が上がってくる。笑顔が増え、饒舌になり、あれをしたい、これもやりたいと要求が出る。そうやって本人もまわりも手応えを感じはじめたところで、突然ふり出しに戻る。かたくなな、または捨て鉢な態度で、これまで積み上げたものを進んで壊す。傍からはまるで変化を拒んでいるかのように見える。それを何度もくり返す。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...