不登校新聞

438号 2016/7/15

学校行事なら出たいのかな?【不登校Q&A】

2017年05月22日 12:14 by kito-shin

 

連載「親のための不登校Q&A」vol.5

  
 学校には、運動会・発表会・修学旅行・卒業式など、大きな行事がいくつもあります。日々の学校には行けなくなっても、「せめて行事だけでも参加できるといい思い出になるのでは?」と先生に勧められたり、「行事をきっかけに学校に戻れるのでは?」と親も期待したりします。
 
 わが家の次男は、部活でのいじめがきっかけで学校に行けなくなったのですが、学校は好きで、なんとかして学校に戻りたいとがんばっていました。とくに、みんなでワイワイやる学校行事は大好きだったので、クラスメートからの誘いの電話があれば、揺れながらも「行く」と返事をしていました。休み始めたのは中1の体育大会後ですが、ずっと楽しみに練習していた合唱コンクールには参加しました。私も当日は見に行ったのですが、隣の席の友だちとも話をしたり、がんばって歌う姿に胸が熱くなりました。でも、翌日からも学校には行けませんでした。
 
 2年生の春休みから部活を再開し、そのまま登校を再開した息子でしたが、5月の大型連休後に徐々に行けなくなりました。それでも、9月の2泊3日の宿泊野外学習、10月の体育大会には参加しました。どちらも、帰ってくるとうれしそうに話をしてくれるのですが、やはり翌日から学校には行けませんでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...