不登校新聞

438号 2016/7/15

不登校の子を持つ親の必読書~精神科医が解く100の不登校Q&A

2016年07月12日 12:48 by koguma


 何とかして学校に戻したほうがいい。家から連れ出して就労させよう。これが不登校・ひきこもりの子どもたちに対する世間一般のまなざしであり、行政などの支援も、学校復帰と就労が主軸です。つまり、不登校・ひきこもりの子どもたちは、今いる場所から「引き出される存在」として見なされているということです。専門家として、それをサポートする精神科医も少なくありません。
 
 一方で、不登校・ひきこもり当事者の側に立ち続ける精神科医がいます。児童精神科医の高岡健さんです。元・岐阜大学の准教授で、現在、「岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター」の児童精神科部長を務めています。
 
 高岡さんは、不登校やひきこもりにおいて、「こもる時間こそ、自分と対話をする大切な時間」だと主張します。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...