不登校新聞

438号 2016/7/15

不登校の子を持つ親の必読書~精神科医が解く100の不登校Q&A

2016年07月12日 12:48 by koguma


 何とかして学校に戻したほうがいい。家から連れ出して就労させよう。これが不登校・ひきこもりの子どもたちに対する世間一般のまなざしであり、行政などの支援も、学校復帰と就労が主軸です。つまり、不登校・ひきこもりの子どもたちは、今いる場所から「引き出される存在」として見なされているということです。専門家として、それをサポートする精神科医も少なくありません。
 
 一方で、不登校・ひきこもり当事者の側に立ち続ける精神科医がいます。児童精神科医の高岡健さんです。元・岐阜大学の准教授で、現在、「岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター」の児童精神科部長を務めています。
 
 高岡さんは、不登校やひきこもりにおいて、「こもる時間こそ、自分と対話をする大切な時間」だと主張します。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...