不登校新聞

368号(2013.8.15)

「8月15日と『終戦』」小森陽一

2013年09月11日 18:34 by kito-shin


 なぜ日本の「終戦」記念日は8月15日になっているのでしょうか。くりかえしマス・メディアを通してすり込まれてきた理由は、この日の正午に、昭和天皇ヒロヒトが、ラジオ放送で「終戦詔書」を朗読したからだ、ということになっています。

 たしかに8月13日から14日にかけての御前会議で、大日本帝国に対して無条件降伏を要求したポツダム宣言の受諾を天皇が決定したことになっています。政府と統帥部のあいだで意見がちがった場合に、最終的に天皇が国家意思を決定するのが御前会議です。

 しかし、ポツダム宣言がアメリカのトルーマン大統領、イギリスのチャーチル首相、中華民国の蒋介石によって発せられたのは7月26日でした。鈴木貫太郎内閣は「国体護持」、すなわち天皇制の存続、さらに言えば、昭和天皇ヒロヒトの太平洋戦争の開戦の責任を問わないようにする条件がないとしてポツダム宣言を「黙殺」すると発表しました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...