不登校新聞

503号 2019/4/1

校則から読み解く現在の学校像、強まる管理と理不尽な指導

2019年04月01日 10:29 by kito-shin



 「生まれつきの髪を黒く染めさせる」「体操着の内側に下着着用禁止」「日焼け止めは禁止」。これらは「校則」に位置づけられ、現在の学校で取り組まれている指導の一例です。

 合理的な理由が見当たらないこうした指導は近年「ブラック校則」と呼ばれ、有志のNPO団体が大規模な調査に乗り出すなど、その問題点が指摘されるようになってきました。

 今回ご紹介するのは、上述のデータ分析に加え、司法・発達障害・LGBTなど、さまざまな視点から校則について考える書籍です。

 本書によると、校則にもトレンドがあることがわかります。たとえば、私の学生時代には「体育や部活の最中に水を飲んではいけない」という校則がありましたが、世代が若くなるにつれて、経験した割合は減っています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...