不登校新聞

555号 2021/6/1

「過敏さ」をブームを紐解く6人の解説【書籍紹介】

2021年05月31日 15:33 by kito-shin

 この数年、「HSP」「HSC」(人一倍敏感な人/子ども)という言葉を目にする機会が増え、呼び方も多様化するなか、新しいカテゴリーとして急速に広がっているのを私は感じます。

 本書は「過敏さ」について、神経生理学者や児童精神科医など6人の専門家が最新の研究などを交えながら、ひも解いていく内容になっています。たんなる解説にとどまらず、当事者と周囲のあいだに新たなとまどいや誤解などをもたらす可能性について問題提起をしている点も特徴のひとつです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲーム、スマホ、SNS・・・依存症の専門家による親必読の1冊

571号 2022/2/1

ひきこもりに20年関わってきた当事者が語るひきこもりの真実

570号 2022/1/15

ひきこもり当事者と支援員の7年間、部屋から出てくるまでの「物語」

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...