不登校新聞

555号 2021/6/1

「過敏さ」をブームを紐解く6人の解説【書籍紹介】

2021年05月31日 15:33 by kito-shin

 この数年、「HSP」「HSC」(人一倍敏感な人/子ども)という言葉を目にする機会が増え、呼び方も多様化するなか、新しいカテゴリーとして急速に広がっているのを私は感じます。

 本書は「過敏さ」について、神経生理学者や児童精神科医など6人の専門家が最新の研究などを交えながら、ひも解いていく内容になっています。たんなる解説にとどまらず、当事者と周囲のあいだに新たなとまどいや誤解などをもたらす可能性について問題提起をしている点も特徴のひとつです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

50カ所の「居場所」を追ったルポ。「居場所」とは何かを問う1冊

556号 2021/6/15

ずっと逃げてきたと語る絵本作家・ヨシタケシンスケさんの逃げ論

554号 2021/5/15

今こそ休むことの価値を見直す、精神科医が唱える休ませる方法

553号 2021/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...