不登校新聞

555号 2021/6/1

環境を変えることは「逃げ」ではなく、次への一歩にもなり得る

2021年05月31日 15:34 by kito-shin

 今回の執筆者m.k.さんは「高校1年生で学校を中退したが、おかげで新しい一歩を踏み出せた」という。環境を変えるまでの葛藤と、その後を書いていただいた。

* * *

 私が自分の不登校経験をふり返り思うのは、環境を変えることは「逃げではなく、次への一歩になりえる」ということです。

 私は高校1年生の冬に高校を中退しました。理由は学校の勉強についていけなくなったからです。苦手科目である数学や化学がちんぷんかんぷんになったことをきっかけに、徐々に全科目の授業についていけなくなりました。

 中学までは勉強についていけていたので、私はどんどん自信を無くしていきました。授業に追いつこうと努力もしましたが、一度開いた差は埋められず、クラスメイトから遅れていくばかり……。そのまま2学期の試験で赤点を取ったことが決定打となり、私は学校へ行けなくなりました。

 不登校になったあとは、「勉強の遅れを取り戻したい」とは思うものの、どこから手をつけたらいいのかわからず、何も行動することができませんでした。学校へ行かなくなったことで、自分の将来が見えなくなり、絶望感も増していきました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「次は教室へ」先生の一言が別室登校中の子の安心感を奪う理由

581号 2022/7/1

先生に知ってほしい、別室登校中の子へのNGワード

581号 2022/7/1

私が中学校を休学したかった理由

581号 2022/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...