不登校新聞

555号 2021/6/1

環境を変えることは「逃げ」ではなく、次への一歩にもなり得る

2021年05月31日 15:34 by kito-shin

 今回の執筆者m.k.さんは「高校1年生で学校を中退したが、おかげで新しい一歩を踏み出せた」という。環境を変えるまでの葛藤と、その後を書いていただいた。

* * *

 私が自分の不登校経験をふり返り思うのは、環境を変えることは「逃げではなく、次への一歩になりえる」ということです。

 私は高校1年生の冬に高校を中退しました。理由は学校の勉強についていけなくなったからです。苦手科目である数学や化学がちんぷんかんぷんになったことをきっかけに、徐々に全科目の授業についていけなくなりました。

 中学までは勉強についていけていたので、私はどんどん自信を無くしていきました。授業に追いつこうと努力もしましたが、一度開いた差は埋められず、クラスメイトから遅れていくばかり……。そのまま2学期の試験で赤点を取ったことが決定打となり、私は学校へ行けなくなりました。

 不登校になったあとは、「勉強の遅れを取り戻したい」とは思うものの、どこから手をつけたらいいのかわからず、何も行動することができませんでした。学校へ行かなくなったことで、自分の将来が見えなくなり、絶望感も増していきました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親の対応で救われたこと、傷ついたこと。現役大学生が語る不登校

556号 2021/6/15

発達障害のグレーゾーンかもしれない僕。見つけた生きるヒント

556号 2021/6/15

「握った手がほどけない」不登校の子が登校時に感じた緊張感

555号 2021/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...