不登校新聞

567号 2021/12/1

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

2021年11月30日 11:17 by kito-shin

 不登校の増加を現場はどのように感じているのでしょうか。不登校の子どもたちが集まるフリースクールを運営し、フリースクールのネットワーク団体の代表を務める江川和弥さんに見解を伺いました。江川さんは大人に突き付けられた課題として「居場所の貧困」と「理解力不足」を挙げています。

* * *

 私たちが運営するフリースクールでは不登校の子が増えてきたことを実感していました。時期としては昨年の夏休み明けごろからでしょうか。要因の1つに挙げられるのはコロナ禍です。コロナの影響で昨春、多くの学校が休校しました。子どもたちにとって春というのは「学校に慣れる期間」です。学校での集団生活、同級生や先生との人間関係、勉強などに慣れる期間です。その期間もなく、いきなり学校生活の本番が始まりました。多くの子が苦しんだと思います。その結果が不登校増にもつながったのではないでしょうか。

 また、今回の調査で特徴的なのが小学生の不登校増でした。小学生の不登校が前年度から1万人増と大幅に増加しました。これが意味するのは「生きづらさの低年齢化」です。これまで生きづらさを抱える子どもは、思春期に入った中高生だと思われていました。ところが、小学生も、同級生や教師らとの人間関係、学校生活での生きづらさを感じる子が増えています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

「不登校」は心の問題なのか。河合塾講師が考えた末の結論

565号 2021/11/1

子どもの命を奪った「風の子事件」から見える、現代社会への問い

557号 2021/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...