不登校新聞

567号 2021/12/1

「私の代わりに責めてくれる」ひきこもりの次男に長男が暴力を

2021年11月30日 11:22 by kito-shin
2021年11月30日 11:22 by kito-shin

 高校へ行けなくなってしまった次男に、大学生の長男からの暴言・暴力が。そんなとき、母親はどう感じたのでしょうか。「私の言いたいことを長男が言ってくれている」と感じ、暴力を止められなかった母親の、赤裸々な本音(連載「不登校は幸せへの道」第6回)。※画像はイメージです

* * *

 今回は私の長男について書こうと思う。次男が学校へ行けなくなった夏、長男は大学1年の夏休みだった。帰省してきた長男、始めは次男に優しく接してくれていた。「あの学校、本当に課題が多くてイヤになるよな」。「すこしゆっくり休んだらいいさ」。

 自分も同じ学校に通っていたから次男のたいへんさもわかるのか、私とはちがう声かけをしてくれたり、友人との遊びに連れて行ってくれたりもした。だが次男の状態はまったく変わらず、ほどなく次男への暴言が始まった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「母親なのに息子の気持ちがわからない」と私が自覚した日

584号 2022/8/15

バイトに10分遅刻して給料から天引きされたのに親子で感謝したわけ

583号 2022/8/1

知人からのアルバイト依頼 ひきこもる息子が出した意外な答え

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…