不登校新聞

567号 2021/12/1

「私の代わりに責めてくれる」ひきこもりの次男に長男が暴力を

2021年11月30日 11:22 by kito-shin
2021年11月30日 11:22 by kito-shin

 高校へ行けなくなってしまった次男に、大学生の長男からの暴言・暴力が。そんなとき、母親はどう感じたのでしょうか。「私の言いたいことを長男が言ってくれている」と感じ、暴力を止められなかった母親の、赤裸々な本音(連載「不登校は幸せへの道」第6回)。※画像はイメージです

* * *

 今回は私の長男について書こうと思う。次男が学校へ行けなくなった夏、長男は大学1年の夏休みだった。帰省してきた長男、始めは次男に優しく接してくれていた。「あの学校、本当に課題が多くてイヤになるよな」。「すこしゆっくり休んだらいいさ」。

 自分も同じ学校に通っていたから次男のたいへんさもわかるのか、私とはちがう声かけをしてくれたり、友人との遊びに連れて行ってくれたりもした。だが次男の状態はまったく変わらず、ほどなく次男への暴言が始まった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「身内だからこそ許せない」 最悪の兄弟関係に終止符を打った兄の一言

590号 2022/11/15

やっと見つけた、ひきこもりの息子にしかできないこと

589号 2022/11/1

「ひきこもったままでもいい。息子の人生は息子に任せる」と決めた私に訪れた出来事

588号 2022/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…