不登校新聞

567号 2021/12/1

学校行きたくないが4割 調査で小中高生の今のつらさが明らかに

2021年11月30日 11:20 by kito-shin

 小中高校生の約4割が「学校へ行きたくない」と回答したという調査結果が明らかになりました。国立成育医療研究センターがコロナ感染拡大の第5派のなかで行なった調査で1271人の子どもが語った本音とは(※画像はイメージです)。

* * *

 国立成育医療研究センターは11月17日、「コロナ×こどもアンケート」の第6回調査の結果を公表した。それによると、およそ4割の子どもが「学校へ行きたくない」と回答したことがわかった。本調査は今年9月、子どもと保護者あわせた約7000人を対象に実施された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は問題でないが未然防止が重要っておかしくないですか?

568号 2021/12/15

不登校19万人超 不登校新聞編集長が提言する学校改革の道筋は

567号 2021/12/1

不登校理由はいじめが最下位?教員と本人間で開く認識差

566号 2021/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...