不登校新聞

567号 2021/12/1

ひきこもり当事者と支援員の7年間、部屋から出てくるまでの「物語」

2021年11月30日 11:18 by kito-shin
2021年11月30日 11:18 by kito-shin

 ひきこもる当事者を訪問し、ふすま1枚を隔てた向こう側に話しかけ続ける支援員がいる。山梨県の保健福祉事務所に勤務する芹沢茂喜さんだ。大卒後にひきこもった男性との7年間の物語、そしてふすまが開いた先にある親子の和解について書かれた1冊をご紹介します。

* * *

 本書の著者である芦沢茂喜さんは、山梨県の峡東保健福祉事務所に勤務し、これまで100人以上のひきこもりの人たちと向き合ってきた方です。本書は、両親からの相談を受け、大学卒業後にひきこもった男性との7年間におよぶやりとりをまとめたもの。芹沢さんがふすまを1枚隔てた向こう側の自室にいる男性に話しかけ続けるなか、ある日ふすまが開き、男性が出てきました。訪問から3年半が経っていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「つぎに生まれるなら虫がいい」学校に苦しむ子どもの本音に触れる一冊

595号 2023/2/1

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

594号 2023/1/15

不登校その後の学びの場を網羅 学校以外の選択肢がわかる1冊

592号 2022/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…