不登校新聞

569号 2022/1/1

飛び跳ねるほどうれしかった、不登校の息子からの言葉

2021年12月23日 17:18 by kito-shin

 次男が不登校になり、一時は「子どもを殺して自分も死のう」とまで考えた後藤誠子さん。そんな次男がやっと動き出した。将来の夢まで語ってくれた。本当にうれしかったと後藤さんはいいます。しかしまだ後藤さんの連載は続きます。このあと、さらなる困難が後藤さん親子に訪れるからです(連載「不登校は幸せへの道」第8回)。※画像はイメージです

* * *

 次男が新しいことを始めた。動けなくなっていた次男がまた動き出した。ギターを弾けるようになった次男は高校の軽音部に入部。部員の女子たちに請われてバンドも組んだ。なんと文化祭のステージで演奏もした。地域のお祭りでギターの弾き語りをしてお金までもらった。授業に出られる日はすくない。それでも充分楽しそうに高校生活を送っている次男。私が思い描いていた理想とはすこしちがっている。それでもいい、このまま笑っていてほしい。祈るような思いで次男を見ていた。

 「ギターをつくる人になりたい」。ある日、次男は言った。高校3年生になっていた。「自分にギターを弾く才能がないのはよくわかった。でもギターをつくって誰かに喜んでもらうことはできるかもしれない。だからギターをつくることを学びたい」、と。

 この言葉を聞いたときの私の気持ちを想像してもらいたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お金あげるから学校行って」不安と恐怖から言ってしまった言葉

571号 2022/2/1

不登校の息子が専門学校へ「やっと終わった」と思った母の本音

570号 2022/1/15

見たかったのは息子の笑顔。それを奪っていたのは私のこんな対応でした

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...