不登校新聞

600号 2023/4/15

「不登校という概念がない社会を」 不登校を経験した支援者が考える不登校の現在地と未来

2023年04月10日 11:24 by kito-shin
2023年04月10日 11:24 by kito-shin

 『不登校新聞』は今年で創刊25年。600号の節目を迎え、約25年前に不登校となった前北海(まえきた・うみ)さんを本紙編集長・茂手木涼岳(もてぎ・りょうが)が訪ねました。先輩の支援者たちに対する問いや、不登校をアイデンティティとして生きてきた自分に対する否定など、この25年間のなかで考えてきたことについてうかがいました(※写真は前北海さん)。

* * *

茂手木 『不登校新聞』創刊当時(1998年)、前北さんは中学2年生。不登校をし始めて間もない時期でしたね。その後、フリースクールネモを立ち上げ、千葉県フリースクール等ネットワーク代表を務めるなど、不登校支援の活動に尽力されています。この25年をふり返ってみていかがですか?

前北 『不登校新聞』が創刊されるころまでは、支援者が不登校当事者の権利を守るために学校や行政などを相手に闘う時代でしたよね。学校は、今よりもはるかに不登校への理解がなくて、不登校を子ども本人の問題や、親の育て方の問題に矮小化してしまう見方が強かった。

 でも「不登校の子は悪くない。学校や社会に問題があるんだ」と、僕らよりも上の世代の支援者たちが闘ってきた。そうした歴史のおかげで、僕が2010年に「フリースクールネモ」を立ち上げるころには、もう「闘いの時代」は過ぎ去ろうしていて、2016年に教育機会確保法ができると、「子どもを中心にして、みんなで支えあいましょう」と、よりいっそう支援者と学校や行政が連携するようになったと思います。学校や行政と闘うのではなくて、行政とも協力できるところは協力していこう、という流れができてきたのです。

先駆者を見て感じたこと

茂手木 「闘いの時代」をつくってきた先輩の支援者たちを見ていて感じることはありますか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校からの高校選びに迷っている親へ」現役校長が語る高校選びの際に役に立つ4つの極意【全文公開】

620号 2024/2/15

「失敗しても大丈夫という体験を」子育てで親が一番大事にすべきこと

618号 2024/1/15

12年間の相談員経験から読み解く「子どもたちの7つの不登校理由」と「親に必要な3つの心がけ」

618号 2024/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…