不登校新聞

615号 2023/12/1

「事実と実践に基づく就労支援」を根拠に「大丈夫、働けます」を伝える1冊

2023年11月22日 14:47 by kito-shin
2023年11月22日 14:47 by kito-shin

 「働く」ということについて、不登校の子どもも親も非常に気になるテーマです。そこで今回は「大丈夫、働けます」と断言する成澤俊輔さんの著書を紹介します。事実と実践に基づく根拠のある「大丈夫」の中身とは(※画像は『大丈夫、働けます。』成澤俊輔 著)。

* * *

  この本で一番伝えたいことは「大丈夫」というたった3文字です――。そう語るのは「世界一明るい視覚障がい者」を自称する成澤俊輔さん。

 20代前半でほぼ目が見えなくなり、大学生時代には2年間ほどひきこもったという成澤さんは、その後に起業し、就労支援に取り組むNPO法人FDAの理事長を務めていた経歴があります。

 現在は、経営コンサルタントとして全国を飛びまわっている成澤さんが、働くことに困難さを感じていた若者にどのように伴走したのか。 そして、彼らを受けいれた会社などを、事実と実践に基づいて紹介するのが本書です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「薬の使い方は?」発達障害について教師・医師・学者が解説

621号 2024/3/1

「不登校からの大学進学」4000人の卒業生を輩出した個別指導塾代表が語る不登校からの学び直しのコツ

620号 2024/2/15

「ひきこもりから最初の一歩を踏み出す」ひきこもり経験者が語る大事なこと

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…