不登校新聞

615号 2023/12/1

心がざわつく「朝8時」に話そう 延べ9万人が参加した不登校の親の会

2023年11月28日 14:43 by kito-shin
2023年11月28日 14:43 by kito-shin

 「子どもの不登校で悩む親の味方でありたい」と語る山本りかさんは、毎朝8時に音声SNS「クラブハウス」で親の会を開催している。山本さんを中心に、会ではわが子の不登校で悩んだことや、やらかした話などが交わされています。「不登校の親」たちの等身大のトークは反響を呼び、現在までに延べ9万人が参加。会を運営する思いや悩む親御さんに伝えたいことなど、お話をうかがいました。

* * *

――親の会を毎日朝早くから開催するのには、どのような思いがあるのでしょうか?

 「明るい不登校」の会はいつも1時間ほどざっくばらんに話しているのですが、毎日開催にしたのは、直近にあった出来事をすぐ話せるようにしたかったからです。不登校の親の会は全国にあると思いますが、だいたい月1回開催のところが多いですよね。毎度参加するまで長いあいだ待たなくてはなりません。しかも当日参加できなかったら、次回までまたしばらく待つことに。そしたら話したいことが話せないままモヤモヤが溜まってしまいます。

 親が不安を溜め込んでいると、それは結局子どもを苦しめてしまうことになりかねない。親の不安がすこしでも緩和されるように、「聞いてください、さっきこんなことがあって」と時間を置かずにすぐ話せるようにと、毎日開催にしました。たとえ話せなかったとしても、「また明日言えばいいや」と思うだけで気がラクになる方もいらっしゃるでしょう。

親にとっても 朝はつらい時間

 朝8時にしているのも意味があります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校からの進路選択 全国をキャンパスに自分のよさを見つける「さとのば大学」の魅力

619号 2024/2/1

「社会に出るまでの練習に」私が1日15分から働けるカフェをつくった理由

616号 2023/12/15

「ボカロの曲作り、マイクラのプログラミング」その道のプロ1万6000人とともに学び体験するオンラインスクールに込めた思い

614号 2023/11/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…