不登校新聞

615号 2023/12/1

名古屋にて後藤誠子さんゲスト「不登校・ひきこもりを通して考える」講演会開催へ

2023年11月21日 17:50 by kito-shin
2023年11月21日 17:50 by kito-shin

 12月7日、愛知県名古屋市にて講演会「一人一人がかけがえのない存在として大切にされるために~不登校・ひきこもりを通して考える」が開催される。主催は、名古屋市教育委員会生涯学習課(イーブル分室)。

 講師を務めるのは、後藤誠子さん。後藤さんの次男は、地元の高校に進学したのち、不登校になり、ひきこもりも経験した。そうした経験を踏まえ、後藤さんは「自分にしかできないことがある」との思いから、2020年に岩手県北上市にて「笑いのたねプロジェクト」を立ち上げ、不登校やひきこもりの子ども・若者の居場所づくりに取り組んでいる。近年では、『ウワサの保護者会』(NHK)などのメディアに出演するほか、自身のユーチューブチャンネルにて「誰も排除しない、否定しない」をモットーに情報発信するなど、活動の幅を広げている。

 本講演会は、不登校・ひきこもりを通して、子どもの人権について考える場だ。「次男の不登校・ひきこもりを通して、多くの気づきがありました。私と次男はちがう人間であり、次男を尊重することの大切さに気付けたこともその1つであり、これも子どもの人権を考えることだと思います。いま、わが子の不登校・ひきこもりで悩んでいる親御さんだけでなく、学校現場の方々にも足を運んでほしいです。不登校ということで、子どもと親がどれだけ否定され、苦しんでいるかを先生にも知ってほしい」と後藤さんは語る。講演会の詳細は下記を参照のうえ、お問い合わせを。

日 時 12月7日(木)、13時~14時半
会 場 イーブルなごやホール
講 師 後藤誠子さん(笑いのたねプロジェクト代表)
参加費 無料(先着350名)
主 催 名古屋市教育委員会生涯学習課(イーブル分室)
連絡先 052-321-1574
詳 細 https://www.suisin.city.nagoya.jp/system/lecture/index.cgi?action=lect_view&key=00020523

関連記事

長崎県にて「不登校親の会たんぽぽ35周年記念講演会『学校って?』」開催へ

621号 2024/3/1

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

621号 2024/3/1

3月8日開催オンラインイベント「新しい進路で揺れる不登校の子どもへの支え方」

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…