不登校新聞

615号 2023/12/1

「15年前の自分よ驚け」30歳の不登校経験者が語る「私にとっての不登校」

2024年01月10日 12:43 by kito-shin
2024年01月10日 12:43 by kito-shin

 筆者である、今日からみやもとさんは約15年前に不登校を経験しました。今日からみやもとさんは、「不登校は贅沢な時間だった」といいます。どんな豊かな時間だったのか、想いを執筆いただきました。(連載「私にとっての不登校」第2回)。※写真は今日からみやもとさん

* * *

 約15年前の不登校経験は僕にとって「贅沢な時間」だったと思っている。どうにも学校の雰囲気になじめず、僕は高校入学から約2カ月で不登校になった。家から歩いていける範囲にコンビニもなく、岡山県の田舎の実家ですごす日々。「学校へ行かず、近所の映画館や本屋に入り浸っていた」とテレビで語る不登校経験者の有名人が心底羨ましかった。「何もない田舎ではなく、せめて行ける場所がある都会に生まれて不登校になりたかったな」と思いながら、一日一日がすぎていったのをわりと鮮明に今でも思い出せる。

 ただ、そんな都会に憧れながら入り浸る場所も見つけられず悶々としてた日々を今ではとても贅沢だったと思っている。そう思う理由は3つ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…