不登校新聞

281号(2010.1.1)

映画監督 押井守さんに聞く

2013年12月20日 17:10 by kito-shin
2013年12月20日 17:10 by kito-shin


2010年、最初のインタビューは映画監督・押井守さん。押井さんは映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「スカイ・クロラ」などで、社会が抱える問題を鋭く提起し、若者を中心に支持を集めている。取材したのは子ども・若者編集部の15名。
――作品には犬がよく登場します。私は犬に特別な思いがあるんですが、押井さんも特別な思いが?
犬がほかの動物とちがうのは、人間のそばに積極的にいようという意思を持っているところだと思う。猫もよく人間のそばにいるけど、猫は呼んでも来ないでしょ。共生はしても寄り添いたいと思っているわけじゃない。犬だけが人間を求めてくる。それはとても貴重なことだと思う。もちろん、それは人間がそうつくりあげてきたからなんだけどね。犬は大人にならない幼体成熟の動物で、子どもの状態をそのまま保存しているから、人といっしょに暮らせる。その意味では犬と人間の関係は猫よりも特殊で、人間には責任がある。僕も特別な思いがあるといえばある。

ただ犬や猫と付き合うのは覚悟が必要なことだと思う。長生きな犬でも20年ぐらいだから、だいたいは自分たちより早く死ぬ。そこらへんが犬や猫と暮らす意味なのかなって気もするけど、やっぱり死ぬとつらい。3年前にバセットハウンドのガブリエルが死んだ。新しい子たちもいるけど、いまでもぼっかり胸に穴が空いている。それは何があっても埋まらない。

でも、あるときから「それでいいんだ」って思った。胸に穴ぼこがあるから、あの子は僕のなかでまだ生きている。穴ぼこが埋まったら忘れちゃったってこと。忘れたら本当にあの子は死ぬんだ。僕が死ぬまで穴ぼこは開いていていい。そう思えて初めてあきらめがついた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校からの高校選びに迷っている親へ」現役校長が語る高校選びの際に役に立つ4つの極意【全文公開】

620号 2024/2/15

「失敗しても大丈夫という体験を」子育てで親が一番大事にすべきこと

618号 2024/1/15

12年間の相談員経験から読み解く「子どもたちの7つの不登校理由」と「親に必要な3つの心がけ」

618号 2024/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…