不登校新聞

233号(2008.1.1)

かがり火 森英俊

2014年11月26日 12:56 by nakajima_


 子の年が始まる。子は、十二支の一番目に位する。わが国では、人間に身近な動物として鼠を当てる。地方によっては、大国主命の使いとして、大事にされるところもある。

 小澤俊夫さんが編集しておられる『子どもと昔話』の中にも、古今東西を問わず民話や昔話の中には、人間生活に身近な動物がよく登場している。昔は人間と動物がいかに身近に共存していたかがよくわかる。人間が動物との約束を破ったために、しっぺ返しを受けたり、動物たちとの関わりを通して、他者にやさしくすることや、約束を守ることの大切さなどを、民話や昔話は教えてくれる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。