不登校新聞

326号(2011.11.15)

僕らの“安心ひきこもりライフ”

2013年08月01日 15:04 by kito-shin


 世間一般に「ひきこもり支援」といえば、「当事者をどうやって外に出すか」に特化されている。そこで、子ども若者編集部が提唱するのは「楽しいひきこもり生活をどうやって送れるか」という、当事者視点の「ひきこもり支援」だ。まずは、ひきこもるなかで欠かせない「ゲーム」をテーマに、編集部員のおすすめを紹介する。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

実際に通った生徒2名が語る「通信制高校」の体験談

534号 2020/7/15

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...