不登校新聞

481号 2018/5/1

その他

創刊20周年『不登校新聞』が目指してきたもの

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみなさまをはじめ、この新聞づくりに参加した多くの子ども、若者、新聞発送の手作業に協力してくださったお母...

  いいね!   shiko shiko

創刊20年の歩み「不登校の歴史」特別版

創刊20年。たいへん感慨深い。そして、新聞を創ってきてほんとうによかったと思う。 「自分たちのメディアがいる!」と切実に思ったのは、私が登校拒否を考える会や東京シューレを始め...

  いいね!   kito-shin kito-shin

20年間で不登校が1.5倍増、今後の20年に必要なことは【創刊20周年】

この20年で全児童生徒数が2割減り、昨年度は初めて1000万人を切りました。こうしたなかで不登校の数は増え、その割合は1・5倍に増加しました。 本紙であらためて言うことでもあ...

  いいね!   kito-shin kito-shin

「不登校と下戸、相通ずる点は」小児科医・若林実【創刊20周年】

私はいわゆる下戸でお酒をすすめられるのが大の苦手です。遠慮ではなく、断っていることを知ると、相手の方はまあなんと気の毒な人だというふうな顔をされます。 お酒を学校に置き換える...

  いいね!   kito-shin kito-shin

「不登校から考えあう」山下耕平【創刊20周年】

不登校を考えるのではなく、不登校から、読者とともに考え合っていくこと。それが『不登校新聞』だと私は思ってきた。なぜなら、私自身が不登校から自分を問われ、そこから学校のあり方や...

  いいね!   kito-shin kito-shin

児童精神科医・渡辺位さんとの出会いから

『不登校新聞』が創刊されて間もないころに、元東京シューレのスタッフだったSさんを介して、児童精神科医の渡辺位さんとはじめて個人的にお会いする機会を得た。そのときに渡辺さんから...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

長年の不登校活動で「毎日社会顕彰」受賞

このたび、毎日新聞社社会事業団より「毎日社会福祉顕彰」を受けることになり、10月31日、その贈呈式が行なわれた。 1年に3者選ばれるが、今年は47団体の推薦から「在日外国人教...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

立法チームでの議論 不登校の歴史vol.494

2015年7月9日「多様な教育機会確保法(仮)」の立法チームの第4回勉強会が開かれ、フリースクールや夜間中学の関係者4人のヒアリングが初めて行なわれた。(前号より紹介) 勉強...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

音楽を聴き倒したいので聴き放題【編集後記】

最近、男性キャラ12人がラップバトルをする「ヒプノシスマイク」にハマった。 これについてはいくらでも語れるが、いまいち共感されないと思うので別の話を。「ヒプマイ」の曲を安く聴...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

各地で進む子どもの権利条例づくり【子どもの権利条約】

Child Friendly Cities(以下CFC)が世界的に広がりつつあります。CFCは、ユニセフが中心になって進めている、子どもの権利を保障した子どもにやさしいまちづ...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

水の汚染は自分たちの汚染【小ネタ】

8月1日は「水の日」で、7日までの1週間は「水の週間」だそうだ。どうやら国土交通省が定めたようだが、きっと梅雨が明けて夏本番、節水を呼びかけるためのキャンペーンだろう。 日本...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

なぜ土用の丑の日にウナギを食べる?【小ネタ】

土用の丑の日といえば、ウナギを食べる習慣があります。なぜ、ウナギを食べるのでしょうか。 そもそも、土用とは中国で考え出された「陰陽五行」にもとづいた期間のこと。各季節の終わり...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

「いじめの構造」不登校の歴史vol.198

奄美大島で起きた登校拒否追放運動。子どもと家庭を島から追い出そうとするこの運動が起きたのは「たんに登校拒否だから」というだけの理由ではなく、事情は複雑であった。いわば、島の人...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

かがり火

虐待は防ぎたい。しかし、このことが不登校の子どもとその家庭に深刻な影響を与えている状況もある。教師やスクールカウンセラーなどが家庭訪問する際、虐待ではないか確かめるため、直接...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

ひといき

家に帰ると電気が消えていて、一人で食事をとる生活は「さびしいでしょ」と人に言われる。 とんでもない! 私は、冬には鍋パーティー(一人参加)、GWには餃子パーティー(一人参加)...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

世界フリースクール大会、シドニーで開催

毎年、開催されているデモクラティックエデュケーションの世界大会、IDEC(International Democratic EducationConference)は、200...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

子どもの声から大きなうねりを【子どもの権利条約】

条約は、子どもにとって一番いいことを考えるときに、おとなが勝手に決めるのではなく、子どもの意見を尊重しましょう、という価値観の大きな変化を世界にもたらしました。 ところが、子...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

「右翼のダンプ突入」不登校の歴史vol.199

奄美大島宇検村久志の部落で起きた"登校拒否追放運動"について、現地調査を行なった東京シューレの子どもたちの報告集をさらに紹介する。 「旧無我利道場の人たちを追放するために久志...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

かがり火

長田塾裁判で、長田塾に拉致された子ども自身が法廷に立った。20歳になった原告は静かにつらい被害の体験を語り「自分には長田塾は必要なかった」と言い切った言葉には体験に基づく説得...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

ひといき

長田塾にアイ・メンタルスクール、戸塚ヨットスクール……と愛知県は不登校あるいはひきこもりの子どもに対する暴力が蔓延している。 この前、出所後の戸塚校長がテレビに生出演して自分...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

拝啓 子ども時代の私へ 大人になったあなたは和菓子好きです

私は、芋ようかんや大福などの和菓子に目がない。しかし、そんな私も子どものころは、お酒をたしなむ大人に憧れていた時期がある。 仕事帰りに飲み屋に立ち寄り、瓶ビールをグラスに注ぎ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

「発達障害」その診断よりも大事な子どもを見る視点は

「不登校と医療」というテーマで毎年夏の「登校拒否・不登校を考える全国大会」で分科会を担当させてもらっているが、今年の分科会に参加された人のお子さんの大多数が「発達障害」という...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

始まったヒアリング 不登校の歴史vol.493

フリースクール議連と夜間中学議連合同で始まった「多様な教育機会確保法(仮)」を検討するための第4回立法チーム勉強会からは、さまざまな立場からの意見を聴取するため、ヒアリングが...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

「僕はひきこもりだ。生粋のひきこもりだと思う。何の価値もない、何もできやしない、自分の部屋にしか居場所のないひきこもりである」。 そんな書き出しで始まるこの本は、こう続きます...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...