不登校新聞

481号 2018/5/1

その他

創刊20周年『不登校新聞』が目指してきたもの

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみなさまをはじめ、この新聞づくりに参加した多くの子ども、若者、新聞発送の手作業に協力してくださったお母...

  いいね!   shiko shiko

創刊20年の歩み「不登校の歴史」特別版

創刊20年。たいへん感慨深い。そして、新聞を創ってきてほんとうによかったと思う。 「自分たちのメディアがいる!」と切実に思ったのは、私が登校拒否を考える会や東京シューレを始め...

  いいね!   kito-shin kito-shin

20年間で不登校が1.5倍増、今後の20年に必要なことは【創刊20周年】

この20年で全児童生徒数が2割減り、昨年度は初めて1000万人を切りました。こうしたなかで不登校の数は増え、その割合は1・5倍に増加しました。 本紙であらためて言うことでもあ...

  いいね!   kito-shin kito-shin

「不登校と下戸、相通ずる点は」小児科医・若林実【創刊20周年】

私はいわゆる下戸でお酒をすすめられるのが大の苦手です。遠慮ではなく、断っていることを知ると、相手の方はまあなんと気の毒な人だというふうな顔をされます。 お酒を学校に置き換える...

  いいね!   kito-shin kito-shin

「不登校から考えあう」山下耕平【創刊20周年】

不登校を考えるのではなく、不登校から、読者とともに考え合っていくこと。それが『不登校新聞』だと私は思ってきた。なぜなら、私自身が不登校から自分を問われ、そこから学校のあり方や...

  いいね!   kito-shin kito-shin

児童精神科医・渡辺位さんとの出会いから

『不登校新聞』が創刊されて間もないころに、元東京シューレのスタッフだったSさんを介して、児童精神科医の渡辺位さんとはじめて個人的にお会いする機会を得た。そのときに渡辺さんから...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

不登校の子どもたちのなかには、学校へ行っていない自分を責めすぎるあまり、自分で自身を傷つけてしまう場合があります。 直接的なものとしては「リストカット」に代表される自傷行為が...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

「不登校に関する調査研究協力者会議」の最終報告(平成28年7月)の残りの部分を紹介する。 第6章では「中学校卒業後の課題」として、①高校に関する取り組みと②中卒後の就学・就労...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

少年事件の弁護や子どもの人権を守るための人権相談・学校事故や体罰など学校での子どもの人権侵害の救済など、子どもの人権の分野での幅広い活動で知られた弁護士の津田玄児さんが6月2...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 510号 2019/7/15

ひといき

理事が子どもの問題を扱っていることもあり、若い女の子と話す機会があるのだが「好きな音楽は?」とたずねると「ふつうにジャニーズとか」という答えがかえってくる。 いまの子にはジャ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 510号 2019/7/15

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

現在紹介しているのは、平成28年7月に出された「不登校に関する調査研究協力会議」による「最終報告」である。 今号では、第4章の「不登校児童生徒に対する支援における重点方策」と...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

2019年5月28日、川崎市登戸で痛ましい事件が起きた。通学バスを待つ小学生と送迎の父親、そこにいた40代女性が瞬時に刃物で襲われ、2人死亡、17人が重軽傷を負った。 犯人は...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

やっと将棋が指せるようになってきたと喜んでいる。最近は時間を見つければ詰将棋の日々だ。本紙で羽生善治棋士に取材してから将棋を始めたものの、なんだか難しくて放置し続けてきた。 ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 509号 2019/7/1

協力者会議の最終報告 不登校の歴史vol.508

2016年夏。法案審議は止まった状態のなか、「不登校に関する調査研究協力者会議」の最終報告が出された。 本欄では今、これを紹介している。国の会議が出すこの最終報告は重要で、こ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

5月下旬から記録的な暑さが続いた。学校でも体育の授業や運動会などで、熱中症の子どもたちが全国各地で救急搬送されるという報道が相次いだ。 これだけ暑い日が続くのだから、屋外での...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 508号 2019/6/15

報道される側になって感じたセーフティネット【編集後記】

このところ痛ましい事件が相次ぎ、私もテレビやラジオで「ひきこもりと事件を安易に関連づけないでほしい」と訴える日々が続いていました。 いずれも生放送で緊張の連続でしたがようやく...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 508号 2019/6/15

上程後、止まった審議 不登校の歴史vol.507

2016年5月、GW明けには、教育機会確保法が上程されることになった。 やっとここまできたのだから、この後はうまく進むのではないか、なにしろ安倍総理だって、今年の冒頭の施政方...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 507号 2019/6/1

教員が「いじめよう」?

学校教育現場のいじめ、教員による体罰と称する暴力などパワーハラスメントに関する報道が相次いでいる。 教員が「いじめよう」と煽る発言をした事例も報道された。事件が増えたというよ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 507号 2019/6/1

ディズニーにどハマり【編集後記】

ディズニーにハマりました。 学生時代、すべてに対して斜に構えていた私は、「ディズニーなぞリア充の行く場所、俺には関係ないね」と断じ、近づこうとしませんでした。 そして今年、娘...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 507号 2019/6/1

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

この本に出てくるのはみな、「逃げた」人たちです。自身にふりかかる生きづらさから、音楽に、ラジオに、マンガに、俳句に「逃げた」ことで今がある。 そうしたさまざまな「逃げ方」を集...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

2016年2月2日、「多様な」という言葉がたくさん消えた教育機会確保法案が示され、丹羽新座長のもと、立法チームの検討会が始まった。 学校外の学びに道をひらこうとして出発した私...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

「平成」が去り、「令和」が始まった。平成元年は、ベルリンの壁崩壊、絶頂だった日本経済のバブル崩壊、しばらくして政治の世界も「55年体制」の崩壊などが続き、新しい世界が来るかも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 506号 2019/5/15

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...