不登校新聞

481号 2018/5/1

その他

創刊20周年『不登校新聞』が目指してきたもの

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみなさまをはじめ、この新聞づくりに参加した多くの子ども、若者、新聞発送の手作業に協力してくださったお母...

  いいね!   shiko shiko

創刊20年の歩み「不登校の歴史」特別版

創刊20年。たいへん感慨深い。そして、新聞を創ってきてほんとうによかったと思う。 「自分たちのメディアがいる!」と切実に思ったのは、私が登校拒否を考える会や東京シューレを始め...

  いいね!   kito-shin kito-shin

20年間で不登校が1.5倍増、今後の20年に必要なことは【創刊20周年】

この20年で全児童生徒数が2割減り、昨年度は初めて1000万人を切りました。こうしたなかで不登校の数は増え、その割合は1・5倍に増加しました。 本紙であらためて言うことでもあ...

  いいね!   kito-shin kito-shin

「不登校と下戸、相通ずる点は」小児科医・若林実【創刊20周年】

私はいわゆる下戸でお酒をすすめられるのが大の苦手です。遠慮ではなく、断っていることを知ると、相手の方はまあなんと気の毒な人だというふうな顔をされます。 お酒を学校に置き換える...

  いいね!   kito-shin kito-shin

「不登校から考えあう」山下耕平【創刊20周年】

不登校を考えるのではなく、不登校から、読者とともに考え合っていくこと。それが『不登校新聞』だと私は思ってきた。なぜなら、私自身が不登校から自分を問われ、そこから学校のあり方や...

  いいね!   kito-shin kito-shin

児童精神科医・渡辺位さんとの出会いから

『不登校新聞』が創刊されて間もないころに、元東京シューレのスタッフだったSさんを介して、児童精神科医の渡辺位さんとはじめて個人的にお会いする機会を得た。そのときに渡辺さんから...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

最新の調査によれば、国公私立の小・中・高等学校及び特別支援学校で認知されたいじめは32万件を超えています。 いじめについては、それにより子ども自ら命を絶つ事案が毎年のように起...

  いいね!   koguma koguma from 490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

議員連盟から「多様な教育機会確保法(仮称)」試案が出され、年度内成立を目指すことが確認された2015年5月27日からすぎること20日。 この法案の火つけ役になった「フリースク...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

最近「不登校は不幸じゃない」というイベントやキャンペーンを耳にするようになった。学校へ行かないだけで、人生が不幸になったり、学校に行くことが幸福なことだとは思えない。むしろ不...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 490号 2018/9/15

ひといき

この間、大阪にも大きな地震やら強い台風やらが来たものの、私の身のまわりは無事だった。  本紙読者にも、各地で災害に遭われた方がいるのではないかと思うが、何とかしのがれて、日...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 490号 2018/9/15

やさしさこそ人を支え、絆をつなぐ

今年も9月1日がめぐりきて、報道もさまざまに学校教育のあり方やいじめ問題と子どもの自殺などがとりあげられている。 普通教育の「教育機会確保法」のもとで、文科省は「不登校は問題...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 489号 2018/9/1

牛タンを食べたくて食べたくて【編集後記】

先日、あるイベントのお手伝いで仙台に行った。イベントは無事に終わり、帰りの新幹線まで、あと1時間。余裕をもって帰りの新幹線を予約したのだ。 そう。牛タンを食べるためである。以...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 489号 2018/9/1

馳議員の思いは? 不登校の歴史vol.489

「教育機会確保法」につながる最初の法案検討は、2015年5月27日の「超党派フリースクール等議員連盟」と「夜間中学等義務教育拡充議員連盟」の合同総会で開始された。 そこに「義...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 489号 2018/9/1

転勤族だったわが家の夏は色とりどりに

今号が出るころには、暑さも和らいでいるのでしょうか。全国的な酷暑、どこにも出かける気にならず、エアコンの効いた部屋ですごした方も多いのではありませんか。

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

のべ700名が集まった不登校の「全国大会」

2018年8月4日、5日「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2018in金沢」が金沢大学で行なわれ、2日間でのべ700名を越える参加者が集った。  子ども向けのプログラム...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

馳試案 不登校の歴史vol.488

2015年5月27日、フリースクール等議員連盟と夜間中学推進議員連盟の合同議連が開催され、いよいよ新しい法案の内容案として馳浩座長より試案が示された。法案名は「義務教育の段階...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

「学校に行きたくない君へ」著名人20人が語る不登校

このたび、全国不登校新聞社が新刊を出すことになりました。本書は、『不登校新聞』に登場していただいた方々のお話をまとめたインタビュー集です。俳優、マンガ家、芸術家、声優、大学教...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 487号 2018/8/1

市民側、案を議連に持ち込む 不登校の歴史vol.487

法律をつくりたいのに議連がない。これは相当ショックなことで、各地で法律についての学習会や意見交換会を開いたり、「オルタナティブな学び実践交流研究集会」に取り組んだりしながらも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 487号 2018/8/1

次々と生まれる新しい「病名」は子どもを幸せにするのだろうか

子どもというのは、いつの時代でもそうは変わらないものだ。変わっていくのは、むしろ世間のほうで、世間の動きに合わせるかのように、新しい病気や障害の概念がつくられてきた。近年は「...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 487号 2018/8/1

ひといき

1歳10カ月の娘はイヤイヤ期まっさかり。車に乗るのを嫌がり、自転車に乗るのを嫌がり、ベビーカーに乗るのを嫌がり、抱っこされるのを嫌がり、そして歩くのを嫌がる、それをローテーシ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 487号 2018/8/1

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

「わたし」という一人称で私が初めて文章を書いたのは小学校4年生のころだった。同級生にSF漫画が好きな西川くんという目立たない生徒がいて、彼が「わたし」という主語で作文を書き、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

2015年、いよいよ議員立法で、法律づくりがスタートする。部分的に本欄でも述べてきているので、ここでは経緯をかんたんに紹介したい。 2009年、日本フリースクール大会で採択し...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 486号 2018/7/15

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...