不登校新聞

481号 2018/5/1

児童精神科医・渡辺位さんとの出会いから

2018年05月01日 10:14 by kito-shin



『不登校新聞』が創刊されて間もないころに、元東京シューレのスタッフだったSさんを介して、児童精神科医の渡辺位さんとはじめて個人的にお会いする機会を得た。そのときに渡辺さんから渡されたのが、金沢出身の鈴木大拙という仏教哲学者の『禅百題』という一冊の本だった。

 お会いした場所が新宿・初台にある東京オペラシティの和食屋で、渡辺さんも初めて来る超高層ビルのレストランからの光景に驚いておられるようすであった。話は鈴木大拙の禅や金剛経の話まで及び、尽きることがないほどであった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...