不登校新聞

481号 2018/5/1

児童精神科医・渡辺位さんとの出会いから

2018年05月01日 10:14 by kito-shin



『不登校新聞』が創刊されて間もないころに、元東京シューレのスタッフだったSさんを介して、児童精神科医の渡辺位さんとはじめて個人的にお会いする機会を得た。そのときに渡辺さんから渡されたのが、金沢出身の鈴木大拙という仏教哲学者の『禅百題』という一冊の本だった。

 お会いした場所が新宿・初台にある東京オペラシティの和食屋で、渡辺さんも初めて来る超高層ビルのレストランからの光景に驚いておられるようすであった。話は鈴木大拙の禅や金剛経の話まで及び、尽きることがないほどであった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...