不登校新聞

481号 2018/5/1

児童精神科医・渡辺位さんとの出会いから

2018年05月01日 10:14 by kito-shin



『不登校新聞』が創刊されて間もないころに、元東京シューレのスタッフだったSさんを介して、児童精神科医の渡辺位さんとはじめて個人的にお会いする機会を得た。そのときに渡辺さんから渡されたのが、金沢出身の鈴木大拙という仏教哲学者の『禅百題』という一冊の本だった。

 お会いした場所が新宿・初台にある東京オペラシティの和食屋で、渡辺さんも初めて来る超高層ビルのレストランからの光景に驚いておられるようすであった。話は鈴木大拙の禅や金剛経の話まで及び、尽きることがないほどであった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりUXが「自助会の作り方講座」全国キャラバンへ

514号 2019/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

514号 2019/9/15

不登校・ひきこもりイベント情報

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...