ひといき

 時がすぎるのは早いものですね。私が不登校新聞のお手伝いを始めたのは6年前くらいからでしょうか。
 
 当時は将来どうしようという不安も大きく、サポートを受けながらぼちぼちと活動を始めていたころでした。とりあえず何でもやってみようと思って、はじめたことのひとつでしたが、いろんな経験やご縁をいただきました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。