私にとっての通信制高校「一生の友人を得て」(PN.Y・Y)


 私の場合、持病(強迫性障害)が悪化しなければ、けっこうふつうに楽しい高校生活を送り、ダラダラと大学まで進学していたのではないかとも思うときがある。でも、よく言う「線路」から外れた現在の私は、そういう結末は望まないが。
 
 けれど通信制高校に通ってよかったことがある。一つはマンガやドラマで描かれるイメージ通りの「女子高校生」という生活を体験できたということ。
 
 もう一つのほうはすごく重要で、一人のとても大切な友人ができたこと。いまでもこまめに連絡を取り合っていて、一生の友人だと思える。この友人ができたということが、私がこの通信制高校に通って残った、唯一の産物だと思う。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。