2009年の大河ドラマ「天地人」の主役は直江兼続。その直江兼続が自身の兜の前立てにあしらったのが「愛」という一文字。ドラマは先月いっぱいで終わりを迎えたが、全国的にも大きなブームを呼んだ「愛」。その熱は、年をまたいでもまだ冷めないのかもしれない。2010年はその「愛」に一生を捧げた修道女、マザー・テレサ生誕100年にあたる年なのだ。

 しかし、だ。「愛」について語るということには、何となくこっぱずかしいというのが、正直なところだ。おのずと、「愛」を全面に押し出す演劇、映画などからは距離を置いてきた。そんな私が今回、紹介するのは、ピーター・シェーファー監督の作品『すばらしいことを神様のために~Something Beautiful For God』(69年・英国)である。いまからちょうど40年前、インドのコルカタにあるスラム街で東奔西走するマザー・テレサの取り組みを追ったドキュメンタリーだ。本作では「愛」についてはもちろんだが、「病」についても、興味深い指摘を述べている。マザー・テレサは1952年、「病」により路上で人知れず死にゆく者たちの最後を受けいれる場所として、「死を待つ人の家」を開設した。そこは治療などを行なう場所ではなく、文字通り、余命いくばくかの人々がその最後を多くの人々に看取られる場なのである。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。