不登校新聞

279号(2009.12.1)

かがり火 奥地圭子

2014年01月16日 10:46 by nakajima_


 最近、不登校関係の親の会で「祖父母です」という方に、よく会うようになった。孫の不登校が心配で、参加してみようと思われたり、娘、つまり不登校の子の母親に説得されていっしょに来られたりされている。

 参加している母親の方々のなかにも、おじいちゃんやおばあちゃんについての悩みは、よく出てくる。不登校のことは「なかなかわかってもらえない」という話が多い。子どもがつらい状況に追い込まれていても、祖父はなんとか登校させようとする、と

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...