夏休みが終わる前に、名古屋で焼身の中3男子、静岡県で飛び降り自殺の中2女子2人、思春期の子どもが相次いで死を選ぶ悲しい事件があった。

 いろいろな事情があったにせよ、学校が始まるのが大きな重圧だったにちがいない。学校が本当によき友、よき師と出会い、生きる力を得る場であったら、夏の終わりにこんな悲劇が、それも毎年のようにくり返されるはずがないから。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。