記事タイトル一覧

朝日記者 氏岡真弓さんに聞く

記事テーマ:インタビュー

今回のインタビューは朝日新聞記者の氏岡真弓さん。1984年入社、1993年以降は朝日新聞を代表する記者として、つねに現場から教育を取材。いま、氏岡さんは子どもをめぐる状況をどう捉えているのだろう...

kito-shin kito-shin

最終回 変わっていくを信じて

記事テーマ:連載

不登校・統合失調症当事者手記 連載「私に起きたコト」  私の通い始めたデイケアは、幸いなことに楽しい所でした。私と同じ年齢層の方も多く、それまで人と親しい交際のなかった私は、その方たちの姿勢か...

kito-shin kito-shin

第32回 給食費はどうしたら?

記事テーマ:連載

連載「孫の不登校」  私の娘はまもなく40歳になろうとしています。結婚までは順調で孫にも恵まれましたが、数年後、共働きの無理もあったのか、うつが発症してしまい、いまだにまともな子育てができま...

kito-shin kito-shin

書籍紹介『登園しぶり 登校しぶり』

記事テーマ:その他

内田良子著  新年度が始まる4月。急激な環境の変化から、子どもが幼稚園や保育園の登園をしぶることがある。そんなとき、先生からこんなことを言われて不安になってしまった……なんてことはないだろうか...

kito-shin kito-shin

記者コラム 吉本隆明さんの取材

記事テーマ:連載

連載「記者コラム」  今号より、このコラムで、本紙スタッフ、理事が忘れられない取材を執筆していきます。  忘れられない取材として真っ先に思い出すのが思想家・吉本隆明さんの取材だ。  当時、私...

shiko shiko

吉本隆明さんに聞く【完全版】

記事テーマ:インタビュー

(よしもと・たかあき)1924年、東京都生まれ。詩人、思想家、文芸評論家。日本の戦後思想に大きな影響を与えた思想家として、60年代より現在に至るまで、さまざまな状況に対して思索、発言を続けている...

kito-shin kito-shin

大学ってこんなところでした

記事テーマ:当事者の声

自由ゆえの"善し悪し”  すべての不登校当事者らが抱える心配がある。そう「進学」だ。  小中学と高校の環境は、ほとんど変わらないから「高校ってどんなところ?」とイメージに困る心配はあまりない。...

kito-shin kito-shin

第383回 圧倒された子どもの表現力

記事テーマ:連載

2010年7月24日、東京都北区王子駅そばの「北とぴあ」を会場に、「東京シューレ25周年祭」が盛大に開かれた。  子ども実行委員会は1年半前から集まっては企画検討していたし、親は毎月の保護者会の...

kito-shin kito-shin

かがり火 森英俊

記事テーマ:その他

エイプリルフールとはよく考えたもので、年に一度は罪のない嘘ならついてもいいと言う。嘘も人を傷つけるようなものは許せないが、日本語で「万愚節」と呼ぶくらいの馬鹿らしい嘘ならご愛嬌ものだ。  人生...

kito-shin kito-shin

ひといき 茂手木涼岳

記事テーマ:その他

今日は4月1日、エイプリルフールですね。その由来をご存じですか? 1864年にイギリスの生物学者ジョン・スチュワートが著した「エイプ・リトル・フール」という本があります。ちょっとおばかな猿という...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

454号 2017/3/15

娘が不登校になったなんて認めたくないし、親戚にも友だちにも言えない。言った...

453号 2017/3/1

長男が高校へ行きづらくなり、家のなかで荒れて物を壊すこともあった時期でした...

452号 2017/2/15

親の方に伝えたいのは、学校に行かないことを毎日、怒られて「しょうがない」と...