内田良子著

 新年度が始まる4月。急激な環境の変化から、子どもが幼稚園や保育園の登園をしぶることがある。そんなとき、先生からこんなことを言われて不安になってしまった……なんてことはないだろうか。「休むことをこのまま認めてしまったら、休みグセがついて、将来は不登校になるかもしれませんよ」。
 
 「まわりの子どもは通えているのに、なぜうちの子だけ」と、わが子の将来を案じる親からしてみれば、いたずらに不安感をあおられる一言だ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。