不登校新聞

383号 (2014.4.1)

書籍紹介『登園しぶり 登校しぶり』

2014年03月28日 13:19 by kito-shin

内田良子著

 新年度が始まる4月。急激な環境の変化から、子どもが幼稚園や保育園の登園をしぶることがある。そんなとき、先生からこんなことを言われて不安になってしまった……なんてことはないだろうか。「休むことをこのまま認めてしまったら、休みグセがついて、将来は不登校になるかもしれませんよ」。
 
 「まわりの子どもは通えているのに、なぜうちの子だけ」と、わが子の将来を案じる親からしてみれば、いたずらに不安感をあおられる一言だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...