不登校新聞

426号 2016/1/15

読者の声 子どもは誰もが持っている安心感のタンク

2016年01月13日 12:05 by kito-shin


 最近、幼児教育のことって、世間に意外と知られていないんだなあと思うようになりました。積極的にアピールしようと思います。
 
 早くから、いろんなことを教え込まないとダメ、小さいうちから厳しくしつけないとダメ、甘やかしたらダメと思い込んでいる人が多いみたいですが、幼児教育の立場から言わせてもらうと、それはちょっとちがいます。
 
 「甘やかす」という言葉はやっかいです。「甘やかす」には2種類あります。「甘え」を受け入れる、良い意味での「甘やかす」と、子どもをスポイルしてしまう、悪い意味での「甘やかす」の2種類です。
 

甘えと学び

 
  「甘え」を受けいれるほうの「甘やかす」は、子どもの育ちになくてはならないものです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

492号 2018/10/15

ひといき

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...