不登校新聞

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

2019年05月13日 12:29 by kito-shin

 「平成」が去り、「令和」が始まった。平成元年は、ベルリンの壁崩壊、絶頂だった日本経済のバブル崩壊、しばらくして政治の世界も「55年体制」の崩壊などが続き、新しい世界が来るかもしれない予感もあった。

 しかし就職氷河期、非正規雇用の増大、大震災やうち続く天災、原発問題、格差問題など平成はたいへんな時代だった。

 直接の戦争だけはなかった。でも、ネット社会がここまで、とは予想できなく、大激変の時代でもあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...