不登校新聞

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

2019年05月13日 12:29 by kito-shin

 「平成」が去り、「令和」が始まった。平成元年は、ベルリンの壁崩壊、絶頂だった日本経済のバブル崩壊、しばらくして政治の世界も「55年体制」の崩壊などが続き、新しい世界が来るかもしれない予感もあった。

 しかし就職氷河期、非正規雇用の増大、大震災やうち続く天災、原発問題、格差問題など平成はたいへんな時代だった。

 直接の戦争だけはなかった。でも、ネット社会がここまで、とは予想できなく、大激変の時代でもあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。