不登校新聞

506号 2019/5/15

「理由はとくにないみたい」漫画家が語った私と娘の不登校

2019年05月14日 14:52 by shiko

 シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。『このマンガがすごい!2018』第4位にランクインした本作の作者・入江喜和さんにお話をうかがった。

* * *

――子育てでたいへんだったことはなんでしょうか?

 ママ友との付き合いが一番つらかったですね。娘が習いごとをしていて、決まりで1回は役員をやらされるんですが、そこのお母さんたちがとくにひどかった。

 大人なのにスクールカーストみたいなものがあって、一部のお母さんたちに特権意識があったんです。娘を人質にとられているようなものなので、嫌なことがあっても逆らえません。

 いっしょに作業をしないといけないときに、「わかりません」とか「できません」とか言うと、すぐにいじめてくる。はっきり無視してきたり、「ふん」っていう態度をあからさまに出してきたりするんです。

 ママ友ってこんなに露骨ないじめをしてくるのかと驚きました。「ママ友」と言っても、もう「友」でもなんでもないですけどね。

 ただ、本当にひどいと思える相手でも、一対一になってみれば、そこまで悪い人ではありません。グループになるとものすごい圧をかけてきても、一人ひとりはたいしたことがない。

 幼稚園や学校でも多少はこうした人もいたと思いますが、優しい人もたくさんいて、今でも付き合ってくださる方が何人かいます。

 私はそもそも、集団でまとまっているものがきらいですね。「文句があるならひとりで来いや」という反抗的な気持ちがあります。

娘の不登校は

 一方、娘は不登校でした。中学2年生の終わりごろから、中学を卒業するまでは、教室へほとんど行っていません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

風呂に入らず、昼夜逆転も、私のひきこもりが自然に終わった理由

502号 2019/3/15

「不登校の時間をクリエイティブに」美術家・風間サチコさんに聞く

502号 2019/3/15

教育機会確保法成立から2年 “提案型の社会”に必要なことは

499号 2019/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...