不登校新聞

506号 2019/5/15

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

2019年05月14日 14:50 by kito-shin

 この本に出てくるのはみな、「逃げた」人たちです。自身にふりかかる生きづらさから、音楽に、ラジオに、マンガに、俳句に「逃げた」ことで今がある。

 そうしたさまざまな「逃げ方」を集約したのが今回ご紹介する本です。

 『星野源のオールナイトニッポン』を手がける放送作家の寺坂直毅さんは、中学2年生のときに不登校に。

 昼夜逆転の生活のなか、転機になったのは母が買ってくれたラジカセ。番組内で自分の投稿が初めて読まれた際、「自分が存在しているんだ」と感じて自信が湧いたと、当時をふり返っています。

 「無視される、上履きに画びょうを入れられるなど、ニュースになるようないじめはだいたい受けました」と語るのは、シンガーソングライターの伊東歌詞太郎さん。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

令和10連休で気がついた自分の「昭和性」【編集後記】

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...