不登校新聞

506号 2019/5/15

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

2019年05月14日 14:50 by kito-shin

 この本に出てくるのはみな、「逃げた」人たちです。自身にふりかかる生きづらさから、音楽に、ラジオに、マンガに、俳句に「逃げた」ことで今がある。

 そうしたさまざまな「逃げ方」を集約したのが今回ご紹介する本です。

 『星野源のオールナイトニッポン』を手がける放送作家の寺坂直毅さんは、中学2年生のときに不登校に。

 昼夜逆転の生活のなか、転機になったのは母が買ってくれたラジカセ。番組内で自分の投稿が初めて読まれた際、「自分が存在しているんだ」と感じて自信が湧いたと、当時をふり返っています。

 「無視される、上履きに画びょうを入れられるなど、ニュースになるようないじめはだいたい受けました」と語るのは、シンガーソングライターの伊東歌詞太郎さん。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...