不登校新聞

506号 2019/5/15

だんだんと高校を休みがちに、そのとき私が考えていたこと

2019年05月14日 14:50 by kito-shin



連載「私の不登校ものがたり」vol.15

作者・りゃこさんの不登校をコミックエッセイにした「私の不登校ものがたり」です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

わたしの不登校ものがたり【最終回】

507号 2019/6/1

5月の連休明けから体調不良、不登校になっていった私の心境

505号 2019/5/1

リア充生活を思い描いた入学式、不登校だった私に起きたコト

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...