不登校新聞

505号 2019/5/1

5月の連休明けから体調不良、不登校になっていった私の心境

2019年04月26日 11:53 by kito-shin



作者・りゃこさんの不登校をコミックエッセイにした「私の不登校ものがたり」です。

 高2に進級してまもなく、体の調子が悪くなりはじめました。高1の時点で感じていた、でも見て見ぬフリをしていた疲労感がどっと押し寄せてきたのです。

 病院で検査したものの、体には異常なし。その後も時間が経てばと自分をだましながら登校していたのですが、それも長くは続きませんでした。

 耳鳴りや被害妄想、授業中に頭が真っ白になって気持ち悪くなったり、しんどさがエスカレートしていったのです。

 先生や友だちに助けを求めたいけれど、弱い自分をさらけ出すことに抵抗があり、相談しないまま日々がすぎていきました。

 結局、限界が来てふたたび不登校になりました。学校へ行くエネルギーが枯渇している。

 でも、休めば休むほど、単位が足りなくなって留年するかもしれないという現実も迫っていました。(りゃこ)

■著者近影


【プロフィール】
1989年生まれ。小学校1年生から高校3年生まで不登校。自身の不登校を漫画にして、ツイッターで発表している(@ryakoko)。漫画は2018年、朝日新聞のWEB企画「with news」にて、入賞作品に選ばれた。

関連記事

わたしの不登校ものがたり【最終回】

507号 2019/6/1

だんだんと高校を休みがちに、そのとき私が考えていたこと

506号 2019/5/15

リア充生活を思い描いた入学式、不登校だった私に起きたコト

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...