不登校新聞

518号 2019/11/15

ひきこもりの友人が働き始めてうまくいった2つの要因

2019年11月19日 15:39 by kito-shin
 
 
 先日、僕の知り合いの男の子(21歳)が、ファミリーレストランでバイトを始めました。友人が同じファミレスでバイトをしていて、その子の紹介で面接を受けたら、わりとあっさり採用になった。
 
 今は働きはじめて4カ月くらい。1日に5時間のバイトだから、それほど長くはないけれど、しかし週4日の仕事です。彼も不登校やひきこもりの経験があり、以前に何度かバイトにはチャレンジしたけどうまくいかなかったという経験の持ち主なので、バイトの面接にあっさり通ったうえに、週4のバイトを4カ月続けられているというのは、けっこう画期的なことだったりします。 

良い流れに乗る2つの"要因”

  バイトを始めてからの彼は、とても楽しそうです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

鉄道ジャーナリストが「鉄道好きの不登校」に贈る、鉄道をもっと楽しむ方法

519号 2019/12/1

不登校の子どもが創る学校 不登校の歴史vol.519

519号 2019/12/1

かがり火

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...