不登校新聞

518号 2019/11/15

あの凄惨な事件から40年、私にとっての戸塚ヨットスクール

2019年11月15日 12:20 by kito-shin

 「戸塚ヨットスクール」前の海に花束を投げるひとり旅をした喜久井ヤシンさん。その思いを書いてもらった。

* * *

 私は先日、腕を振りかぶって海に花束を投げいれた。場所は愛知県美浜町、知多湾をのぞむ戸塚ヨットスクール前のことだ。

 私と戸塚ヨットに直接のかかわりはないが、個人的な追悼の念にかられて、東京から知多半島までのひとり旅をした。

 80年代にあった事件の報道と、メディアでの「教育か体罰か」論争を覚えている人も多いだろう。

 戸塚ヨットスクールは、79年から83年のあいだに、行方不明者を含めて4人の死者を出した団体だ。

 校長の戸塚宏氏は「体罰は善」だと主張し、訓練生に対する暴力的な言動が日常だった。

 とくに、今でいう「不登校」や「ひきこもり」の若者たちが寮にいれられ、過酷な「訓練」を強制されていた。

 事件を受けて、戸塚氏は懲役6年の刑に服したが、出所後もスクールの運営を続けている。私が行ったときにも、訓練生が使ったらしい数人分のスイムウェアが干してあった。

 戸塚氏のプロフィールは「600人以上の情緒障害児を更生させた」というもので、今でもテレビ出演や講演会などを行なっている。

 彼に支援をおしまない政治家もいれば、戸塚ヨットに感謝をしているという卒業生も少なくない。

 だが不登校だった私にとっては、「自分が暴行を受けていたかもしれない」という恐怖を抱かせる団体だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...