不登校新聞

518号 2019/11/15

HSCの息子の反応、運動会の練習でつまづいた結果

2019年11月16日 13:21 by kito-shin

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.9

 幼稚園での「ママ離れミッション」成功後、6月21日の運動会に向けての練習が始まりました。

 始めのころは、息子のたけるも楽しく取り組んでいましたが、本番に向けた本格的な練習にさしかかったころ、担任の先生から「小学校と合同での練習が始まったら、急なスケジュールの変動があるので、運動会まではまた園で待機してもらったほうがいいかもしれない」とお話があり、私は駐車場待機に戻ることになりました。

 本番までの2週間、毎日のように本格的な練習が行なわれます。5月のなごやかな空気は徐々に緊張と疲れの空気へと変わっていくようでした。

 全体練習では、たけるの要望でそばにつくことになりました。まわりからは過保護な親に見えるにちがいない。

 でも「どんなかたちでもいい、これを乗り越えることでひとまわり成長するかもしれないし、達成感も味わえて自信がつくかもしれない」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

家族全員が明るくなった義務教育の「義務」の意味

522号 2020/1/15

登園をしぶる息子の「これから」が見えた2人だけの川遊び

521号 2020/1/1

「息子をがんばらせすぎたのかも」方針を見失った私への夫の助言

520号 2019/12/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...