不登校新聞

518号 2019/11/15

「息子がやっと笑顔になった」父親が歩んできたわが子の不登校

2019年11月15日 12:22 by kito-shin




















【解説】
 お父さんが帰ってきた瞬間にタンスに隠れるなんて、ウソみたいな話ですが、不登校に長くかかわってきた人ならば「珍しい話ではない」と断言するはずです。

 お父さんと不登校をしている本人は「相性が悪い」と言われる方です。というのも、働いているお父さんは「将来」のことを考えて、がんばること、ガマンすることを通しての成長を求めがちです。成長を願うばかりに本人の気持ちを無視してしまいがちです。

しかし、長く不登校を取材してきた私から言えば、不登校はガマンができない子、がんばれない弱い子だから起きるわけではありません。

 親にも、周囲にも「言えない事情」があって起こることです。その「言えない事情」や本人の気持ちを無視すると、お父さんと言えども恐怖の対象になり、気持ちを理解すれば味方になっていくわけです。味方がいれば子どもは成長していきます。

そのことが伝わればと思い、お父さんの気持ちの変化を描いてもらいました。(東京編集局・石井志昂)

【プロフィール】
漫画作者/(たなぞの・しょういち)82年生まれ。名古屋市在住。小1より不登校をし、義務教育期間はほとんど学校へ通わなかった。漫画家として、『学校へ行けない僕と9人の先生』(双葉社)、『マジスター 見崎先生の病院訪問授業』(小学館)などを執筆。

関連記事

母が「変わった」とわかった日、不登校だった私が見てきたこと

520号 2019/12/15

学校へ行けない私を支えたのは、トイレにこもっている時間でした

519号 2019/12/1

中学生で自殺未遂までした私を支えてくれた親の一言

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...