不登校新聞

518号 2019/11/15

かがり火

2019年11月13日 11:53 by kito-shin
2019年11月13日 11:53 by kito-shin

 登校拒否・不登校を考える全国ネットワークでは、普通教育機会確保法の周知を目標に、昨年から全国キャラバンを行なっている。

 11月には大分県にうかがったが、いくつも驚かされたことがあった。開始時間前、会場に着くと、県の教育委員会の人が市民にまじって準備をしている。

 資料には、県教委作成のパンフレットもあったが、県内の教育支援センターはもちろん、フリースクールや親の会などがすべて、場所と連絡先が掲載してあるものだった。

 さらに、話を聞いてみると、県内を6つの行政区分に分けているらしいのだが、どの地域にも、公民連携による連絡協議会があり、協議会は定期的に開催されているという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…