不登校新聞

518号 2019/11/15

かがり火

2019年11月13日 11:53 by kito-shin
2019年11月13日 11:53 by kito-shin

 登校拒否・不登校を考える全国ネットワークでは、普通教育機会確保法の周知を目標に、昨年から全国キャラバンを行なっている。

 11月には大分県にうかがったが、いくつも驚かされたことがあった。開始時間前、会場に着くと、県の教育委員会の人が市民にまじって準備をしている。

 資料には、県教委作成のパンフレットもあったが、県内の教育支援センターはもちろん、フリースクールや親の会などがすべて、場所と連絡先が掲載してあるものだった。

 さらに、話を聞いてみると、県内を6つの行政区分に分けているらしいのだが、どの地域にも、公民連携による連絡協議会があり、協議会は定期的に開催されているという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…