不登校新聞

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

2019年11月13日 12:09 by kito-shin

 2019年11月11日、「東京都フリースクール等ネットワーク」が発足した。

 代表発起人はNPO法人「東京シューレ」理事長の奥地圭子氏、NPO法人「東京コミュニティスクール」理事長の久保一之氏の両名。

 「東京シューレ」は「フリースクール」などを運営している。「東京コミュニティスクール」は、東京都中野区にて、小学生と幼児(3歳から12歳)を対象とする全日制の「マイクロスクール」を運営している。

 そのほか、発起人団体として、計11団体が設立に参加している。同日、「東京都フリースクール等ネットワーク」の設立に際し、都庁で開かれた記者会見には、不登校経験者らも登壇した。

設立の目的は

 「東京都フリースクール等ネットワーク」を設立した目的は2つ。「学校外の学びへの公的支援の獲得」と「社会的認知の向上」だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...