不登校新聞

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

2019年11月13日 12:09 by kito-shin

 2019年11月11日、「東京都フリースクール等ネットワーク」が発足した。

 代表発起人はNPO法人「東京シューレ」理事長の奥地圭子氏、NPO法人「東京コミュニティスクール」理事長の久保一之氏の両名。

 「東京シューレ」は「フリースクール」などを運営している。「東京コミュニティスクール」は、東京都中野区にて、小学生と幼児(3歳から12歳)を対象とする全日制の「マイクロスクール」を運営している。

 そのほか、発起人団体として、計11団体が設立に参加している。同日、「東京都フリースクール等ネットワーク」の設立に際し、都庁で開かれた記者会見には、不登校経験者らも登壇した。

設立の目的は

 「東京都フリースクール等ネットワーク」を設立した目的は2つ。「学校外の学びへの公的支援の獲得」と「社会的認知の向上」だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...