不登校新聞

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

2019年11月13日 12:09 by kito-shin

 2019年11月11日、「東京都フリースクール等ネットワーク」が発足した。

 代表発起人はNPO法人「東京シューレ」理事長の奥地圭子氏、NPO法人「東京コミュニティスクール」理事長の久保一之氏の両名。

 「東京シューレ」は「フリースクール」などを運営している。「東京コミュニティスクール」は、東京都中野区にて、小学生と幼児(3歳から12歳)を対象とする全日制の「マイクロスクール」を運営している。

 そのほか、発起人団体として、計11団体が設立に参加している。同日、「東京都フリースクール等ネットワーク」の設立に際し、都庁で開かれた記者会見には、不登校経験者らも登壇した。

設立の目的は

 「東京都フリースクール等ネットワーク」を設立した目的は2つ。「学校外の学びへの公的支援の獲得」と「社会的認知の向上」だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...