不登校新聞

518号 2019/11/15

「みんなできるのに何でできないの」そんな考えが一変した子どもの姿

2019年11月15日 12:19 by kito-shin

 不登校の子を持つ母親の岡﨑花恵さん(茨城県在住)にお話をうかがった。岡﨑さんは2児のシングルマザーで小学2年生の長男が不登校をしている。岡﨑さんの住む地域には、フリースクールがないなどの苦労や、シングルマザーとして感じてきた孤立感もあったという。岡﨑さんには、わが子の不登校の経緯や今後、つくっていきたいという親の会への思いをうかがった。

* * *

――お子さんが不登校になるまでの経緯を教えていただけますか?

 現在、私は8歳の息子と6歳の娘、3人で暮らしています。息子は3歳半のころ自閉症スペクトラムの診断を受けました。

 以前から成長が遅い子だとは思っていたのですが、3歳になるまでひとりで歩くことができませんでした。ほかにも同じ道を通らないと泣き叫ぶなどのこだわりが強く、人の多さや音などへの感覚過敏は今もあります。

 そうした特性もあって、保育園のころから行きしぶりがありました。本人は集団生活が苦手なので、すごく苦痛だったみたいです。

 卒園したときに「やっと抜け出せた」と口にしたのが今でも印象に残っています。小学校は息子の特性に合わせてくれる特別支援学級を選びました。

 でも、入学式からたいへんでした。教室に入った瞬間、息子の表情が固まって、体育館へ移動しようとすると大泣きしてしまいました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

毎日の欠席連絡は地獄です。不登校の親に聞く「8つの質問」その1

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...