不登校新聞

296号(2010.8.15)

声「明治以前の寺子屋」

2013年10月22日 15:55 by kito-shin


 東京シューレ25周年祭に行ってきました。汐見稔幸さんの講演がすばらしくて帰宅してから図書館でいくつかの著作を予約してしまいました。
 明治以降の義務(=強制)教育についての論評はこれまでも別の場所で聞くことがありましたが、その時まで世界最高の読み書き教育を担ってきた寺子屋の歴史的な意義と高い質についてはまったく知りませんでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...