不登校新聞

296号(2010.8.15)

声「アスペルガー・発達障害、体験談配布中」

2013年10月22日 15:42 by kito-shin


 7月29日、北海道長万部町と檜山・渡島圏域障がい者総合相談支援センター「めい」主催の「ひきこもり・不登校の理解と支援」研修会において、ひきこもり体験者でアスペルガー症候群当事者である吉川真倫さんと約1時間の対談を行ないました。内容は、吉川さんのひきこもり体験、野村家の不登校体験、発達障害について、親子関係、ひきこもり支援についてなど。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...